もう少しでボーナスシーズンですね。

家電業界も
年末・正月戦線。

ジェムファンの方で

ジェムカンの4K画質でMVを見たい!!

けど、4Kモニター・4K液晶テレビのなにを買っていいのか分からない!

と言う人向けの記事です。

まず最初、
4Kモニター・4Kテレビには

液晶と有機ELがあります。

どっちが良いの?という質問には

有機ELが良い

と答えます。

「じゃ有機ELにしよう」となると思いますが

電位代が高い・寿命が短い・パネル焼けを起こす

というデメリットもあります。

しかもまだ高いです。

お金は気にしないぜ!

と言う人にはもってこいです。


2つめは
モニター・テレビには『パネル』と言うのが種類あります。

ザックバランに書きますが

①VAパネル
各メーカーが『最高峰画質』で売ってるのはVAパネルです。
理由は簡単で画質が良いから。真正面最強。
弱点は視野角度が狭い。


②IPSパネル
VAパネルが弱点の視野角度を広げたのがIPSパネル。
ただ少しだけ画質が犠牲になってるけど寝ながら・横からでも均等に見れる。
東芝がIPSが多い。


③RGBWパネル
TVやモニターはRGBと言う色で表現してるのですが、
これに+1「W」を入れて4色にした物
偽4Kとも言われてる。論外。


ビックカメラやヨドバシカメラには「メーカーの販売員さん」が居たりするので、
気になった品物がありましたら「パネルは何ですか?」と聞いてみてください。
で!!!

3つ目は
PCからモニター・テレビで写す人は
『PC側でRGB出力したものが、
映す側で「色空間RGB」で映るか』必ず確認してください。

このRGBは色の多さを表してます。

単純に
最強「BT.2020」

最高「RGB」

普通「sRGB」

です。sRGBは一般のTVやスマホの画質の基準になってます。

あんまり違わないんじゃないの?
と思われるので比較画像を用意しました。

下の桃丸ねくとちゃんのお顔のハートマーク周りにご注目。

sRGB
IMG_20190718_053023



Adobe RGB
IMG_20190718_053048


BT.2020
IMG_20190718_053058

sRGBとBT.2020では赤い部分が増えています。
また後ろの柱?色も増えてます。

極端ですが、これが色空間で、使える色が増えてるからです。

またPCから4Kモニター・4Kテレビで繋げてみる場合は
グラフィックボードが対応してなければなりません。
たしか GeForce GTX 1050 Ti」以上のビデオカードが必要になります。

ちなみに私のグラフィックボードは
Palit社の
GeForce GTX 1070Ti です。

また4Kテレビで普通のテレビを見ると画像が荒いです。
これはTV放送局の映してるビデオカメラが4Kで撮ってないからです。

また4Kサイズに無理やり広げるのでザラツキ(ノイズとか)が発生します。

普通の局でTBSの「世界遺産」が4Kカメラで撮影して
ハイビジョンまでダウンさせて放映させてます。
で、じゃなんの局で綺麗に見れるのかと言うと今はBSしかありません。
たぶん今後増えていくかと思います。

購入の際の参考になれば幸い